トップイメージ
自動車での事故は自身だけの自損事故と誰か別の人を巻き込む交通事故があります。自分だけの事故の場面では自分自身が対応をしたら終わりますが、第三者に迷惑をかけた自動車の事故はお互いにどれだけの過失が存在するのかをチェックして、その状況によって自動車の修復のお金が示談金等が確定しますので自動車の保険会社の人を交えながらのやり取りが必要です。一般的な車の事故の場合、各々に少しは間違いがある場面が多くどちらかだけの過失が問われるという場合は少ないです。無論信号を無視してしまったり一時停止無視などは大きなミスになりますが、被害を受けた方にもミスがあったと指摘されます。事故の時にはどのドライバーの過失で起きたのかという決着がたいへん重要なポイントになってきますので、その判断を誰にも分かりやすく伝えるのが『過失割合』というものです。赤信号で止まらなかったり、一旦停止無視事情であれば、道路交通法上事故を起こした側にすべてのミスがあると思いがちですが、この状況で事故を起こした自動車が正面から来ており自分の目で確かめられる場合だとすると自動車事故の被害者でも注意不足であったとして1割程度の責任が認定される可能性は0ではありません。つまりこの状況では加害者が9割事故に巻き込まれた側が1割過失割合となり割合が大きいとそれだけのミスが問われる事になるのです。交通事故の過失割合は以前の事故判例を基準に決定する状況が多数あり日弁連の交通事故相談センターから明示されている基準が参考として使われます。このような過失割合で、割合が大きければ過失結果的に損害賠償額も大きくなると考えられるので、事故後の話し合いは本人達だけでなく自動車の保険の担当者と一緒にきちんと話すことが必要不可欠です。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.ntsystem.biz All Rights Reserved.