トップイメージ
車の損害保険には皆様方も知っているかとは思いますが等級と呼ばれる数字付け存在するのです。略さずに言うとノンフリート等級別料率制度といい、保険料金に甚大に影響しています。等級においては、クルマの損害保険に入っている者の公平な負担を保つことが狙いとすることで、交通事故を引き起こす危険性あるいは車の保険を適用される確度がより高ければ大きいと見込まれるほど保険料が値上げされます。反対にアクシデントを生じさせてしまう確度が少なく保険を使うと考えにくい被保険者は、リスクの低い被保険者であると認められることで掛け金が低額になります。安全に車を利用する運転者の方がより有利な枠組みとなっており、事故を生じさせやすい人には多少不都合な枠組みであるといえます。等級という仕組みは、優良保険利用者と事故リスクが高いドライバーの保険料が同じ金額だと公平でないと思う客が大多数であるため保険の提供側側にとっても運営上のリスクを少なくするためにどうしても欠くべからざるシステムだといえるでしょう。では、等級というものは詳細には一体どんな枠組みなのか簡潔に概説いたします。第一に等級は1等級に始まり20等級まで設けられ、数字が大きくなるたびに保険の料金が安くなる仕組みになっているのです。さらに、1等級?3等級の間については低廉にならず反対に高くなり、事故を起こしてしまい、クルマの保険を利用すると3等級低くなり、さらに負担が大きい自動車の保険を振り込んでいくことにならざるを得ません。最後に、まったく初めてクルマの損害保険に申請する時は6等級よりのスタートとなりその時点から等級が減っていくのか上がっていくのかはドライバーの手にかかっています。そのため保険の料金を安価にしたい運転者はトラブルを発生させないように日々余裕を持った運転に気をつけるのがまずは最も大事です。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.ntsystem.biz All Rights Reserved.