トップイメージ
近年、概ねどの自動車損害保険の会社も値段引き上げ傾向にあります。自動車損害保険が料金の値上げをしてしまうことになると、ダイレクトに私たち自身の家計に大きな衝撃を与えると考えられます。なぜ保険が値上げという事態を迎えているのか、わかりますか。説明として考えられることは、概して2つ考えられます。まず、老齢の運転者が次第に数を増やしていることです。車両を所有しているのが当たり前の状態になってしまった故、お歳を召した自動車所有者も増加しつつあります。しかも、全国的な傾向として超高齢化社会に移行しつつあるといった趨勢がありこれから更に高齢の自動車持ちが増加する傾向なのは間違いありません。お年を召した方のにおいては、基本的に保険の掛け金が安価に売られているので保険会社にとっては、さほど積極的にしかけていく理由がありません。それは、保険料が安価なのにトラブルを起こされてしまった場合コストに見合わないお金を払わないといけないからです。そうすると、損になる可能性が通常よりも高くなるので、自動車損害保険会社は保険料金を高値に設定するという方法に頼るしかありません。さて、二つ目の理由に挙げられるのは、若者の車所有離れにこそ求められます。老年期の乗用車持ちは増加しつつありますが、逆に若年者は自動車というものに憧れなくなってきているのが現状です。このようなウラ側にあたるものは、交通に関するインフラの発展と金銭的なことなのです。収入に不安のない職業に就職することができない若い年代が多く存在するということから購入するなど考えられないという人もいます。その上、以前の感覚であれば自動車を乗り回す事が勤め人のステータスだと考えられていましたが長年に渡る不況の結果のせいか車を持つ事がステータスであるとはあまり断言できなくなってきました。そういった訳で、掛金がお歳を召した方と比較して高い比較的若い年代の契約数が年々減っているのです。このような事が理由となって会社も料金つり上げに及んでいると推察できます。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.ntsystem.biz All Rights Reserved.