トップイメージ

予測せず思いがけず起こってしまうのが乗用車の事故です。ロスミンローヤル ブログ

その状況で何をどうやって対処した内容が要因となり、保険金の受け取り額も相当異なる場合も予測できますので落ち着いた考えと対応が大切です。看護師 求人 ランキング

考えもしないハプニングに出会って慌ててしまうのならば必要不可欠な工程を見失ってしまいその先かなり大きな損を負わされる場合も予測できるので自動車事故をしてしまった状況では冷静に次に述べる判断するとよいかもしれません。ロスミンローヤル アットコスメ

乗用車の事故の遭遇した場面で一番にするべき事は怪我をした人の状況の確認です。高校受験plaza夏期講習に行く!

事故の後すぐは気が動転するあまりぼうぜん自失となってしまう場面がありすぐに動くことができないのが通常です。神奈川 シースリー

負傷者がいたとしたら危険じゃないところに運んでから応急処置して、周囲の人に助けを呼ぶなどして救助の最優先に努めることが大切です。埼玉県の紙幣価値

救急車に連絡する状況では正確な場所を連絡し分かりにくい状況では周りの有名な建物や町名を知らせ事故の位置が判断できるようにします。中小消費者金融 即日

その後110番に連絡して、交通事故があった旨と現在の状況を知らせます。春雨 オススメ

救急車と警察が来るのを待つ間に事故の相手の情報を調べます。

氏名、住んでいるところ、TEL番ナンバープレートの番号、事故相手の保険会社名のような互いの身元を教えます。

相手側に不手際があった場合は事故現場でやり取りしようとする状況が考えられますが片付けるのではなく、どの状態だとしても警察署や車の保険会社知らせて、正しく判断してもらいます。

互いの身元を言ったら他者の障害にならないように邪魔な物を道路からどかします。

仮に被害が通りかかった人の自動車の障害となっている場合には、相手と自分の情報交換をする前にその対応をしても問題ありません。

その次にあなたの加入している自動車保険の会社に連絡を入れて、車の事故が発生したことを報告します。

車の事故から一定の期間内に自動車保険の会社に電話を入れておかないと、交通事故の保険の適用除外となることもありえますのでできるだけすぐに電話をすることが大事です。

可能ならば事故の証拠になるように、デジタルカメラやスマホなどを使って現場や事故車の壊れた箇所が分かる写真をを残しておきます。

この写真は責任の割合決める時に証明となりますので自分自身の愛車や先方の乗用車の破損箇所を全部手がかりとして残しておくことが大事です。

この時に目撃者がいたのなら警官や保険会社の人が駆けつけるまで事故現場にそのまま待機して頂くように呼びかけることも忘れてはいけません。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.ntsystem.biz All Rights Reserved.